白髪染めで一度でもかぶれが出たらそれはアレルギー症状のサイン

白髪染めをしたら、頭皮がかゆくなったり赤くかぶれてしまったという経験のある人はいます。少しくらいのかぶれだったら、数日たてばおさまるから大丈夫なんて軽く考えていたら大変なことになりますよ。 「白髪染めで一度でもかぶれが出たらそれはアレルギー症状のサイン」の続きを読む…

いつも使ってる白髪染めでアレルギー症状がでたらそれは身体からの悲鳴です

白髪染めと言えばアラフォーやアラフィフになるとイヤでも始めなければいけない儀式のようなものですね。白髪は早い人だと30代から生えている人もいるし、もうすぐ50になるというのに数本しか白髪がない人と人それぞれです。 「いつも使ってる白髪染めでアレルギー症状がでたらそれは身体からの悲鳴です」の続きを読む…

白髪染めのあのツンとする匂いの元はなに?

白髪染めをしてキライなことの1つにあの独特な匂いがあります。特有のツンとする刺激臭が好きという人はいませんね。白髪染めをした後数日間は匂いがとれません
nioi2
あの匂いの元って何でしょうか。

  • 酸化染料
  • アルカリ剤
  • 過酸化水素

この中の過酸化水素というのは簡単い言えばオキシドールです。怪我をした時に消毒に使って泡がジュワジュワ出て痛い思いをしたことはあるでしょう。まさにあれが白髪染めに入っていて匂いの原因になっているんです。

つまりオキシドールを髪や頭皮に塗っているんです。そう考えるとちょっといえ、かなり怖いと思いませんか?

白髪染めの商品のパッケージに「ローズの香り」などと書かれているのがあります。でも実際使ってみるとやっぱりあのツンとしたキツイ匂いなんですよね。

大人でもウっとくる匂いなので、子供がいる場合はできるだけ匂いを嗅がないように学校に行っている間に染めるという人もいます。もっと小さな子供さんがいる場合は、なかなか難しいですね。

あのイヤな匂いがない白髪染めがあるなら使ってみたいと思いませんか?それなら白髪染めトリートメントです。成分も海藻天然成分を使っているものが多いので、匂いに関しては全くと言っていいほどありません。なのでお子さんと一緒にお風呂に入った時に使っても安全ということですね。

shawer使い方も簡単で、シャンプー後に直接手にとって髪に塗ります。塗った後に10分ほどおきますが、この置き時間に子供さんの髪や体を洗ってあげればいいわけですね。

この時、シャワーキャップなどをかぶるとより染まりが良くなります。しっかり染まるからと言って成分が体に蓄積するようなことはありません。

白髪染めトリートメントはマニキュアタイプなので、髪の表面に定着します。普通の白髪染めは染まりをよくしようとして置き時間を長くしてしまって、とんでもなく髪が傷んでしまったなどという話をよく聞きます。それはそうですよね!オキシドールをずっとつけているわけですから。

一方白髪染めトリートメントはトリートメント成分もたっぷり入っているので、置き時間が長くなっても痛むことはありません。むしろ髪にとってはよいことなんですね。

何かとリスクの大きい白髪染めを使うより白髪染めトリートメントの方が断然いいというのがわかりますね。

白髪染めは育毛剤との併用でダメージが少なくなる

siraga8
白髪染めは平均35歳くらいから始める人が多いですね。

初めのうちは本数もそれほどないので数か月に一度くらいの頻度で大丈夫です。でも年齢を重ねていくたびにどんどんと増えていくので染める頻度が増えていきます。

白髪がいつもないような感じでいたいなら3週間に1度染めるのがベストですが、さすがにそれは無理ですね。

頻繁に染められない理由は以下のようなことではないでしょうか。

・面倒
・費用がかかる
・髪が痛む

染める頻度は人それぞれですが、平均的には1か月半~2か月が多いです。日本人の髪が伸びる速度は、標準1日0.3~0.4mmで3日で約1mm、1ヶ月で1cmです。

なので1か月半の時点で、白髪も1.5cm伸びていることになります。かなり生え際や根元がキラキラした状態ですよね。この時期辺りから白髪が気になりだし、2か月経つころには限界を感じてしまうのではないでしょうか。

染めるのもかなり面倒な作業だし、費用のことも考えたら仕方ないのかも知れません。でも何より頻繁に染めるというのは髪が痛むというのが一番気になることではないでしょうか。

白髪染めは確実に髪や頭皮にダメージを与えています。なので頻繁に染めれば染めるほど髪が弱っていくと思っていていいでしょう。

染めたあとトリートメントなどでヘアケアするのもいいですが、育毛剤を併用するのをおすすめします。頭皮殺菌効果のある育毛剤を使うといいですね。育毛剤は白髪染めで痛んだ頭皮を保護してくれます。

より頭皮や髪にダメージを与えないで白髪を染めたいならトリートメントタイプの白髪染めを使うといいです。育毛剤との併用でより保湿効果やミネラルの補給効果が期待できます。

髪や頭皮が健康であればボリュームがあってハリやコシのある髪になって若さを保つことができますね。白髪染めトリートメントもいろんなメーカーから発売されています。メーカーも日々研究をしていて新しい商品は確実に良いものになってきています。

白髪染めはずっと使い続けるものなので、自分に合ったものを見つけることが大切ですね。

白髪染めの購入ポイント!白髪染めに求めるものとは?

osusume何がものを購入するときに「おすすめ」や「売れ行きNO.1」などと書いてあったらつい手がいってしまいますね。

白髪染めを選ぶときも同じという人は多いのはないでしょうか。

でもちょっと待ってください。髪質や髪や頭皮の状態は人それぞれですよね。スキンケアを選ぶ時は乾燥肌とか敏感肌とかで選んで使っているのに白髪染めだけ店長がおすすめしてるからとか、一番売れてるからとかで選んでもいいのでしょうか。

白髪染めも液タイプ泡タイプトリートメントタイプのように種類があります。白髪染めに求めるものとは何でしょうか。

  • 染まり具合
  • 色落ち
  • 染める方法
  • 価格
  • 染める手間ひま

染まり具合がよくて色持ちもいいのはやっぱり普通の白髪染めですね。一度染めた部分はほぼそのままの色のままです。でも新たに伸びる部分は当然白髪です。

トリートメントタイプのものは染まりにくいと言われていますが、そんなことはありません。初めて使う最初の1週間は毎日使います。色が落ち着いてきたら後は週に2~3回で大丈夫です。これでずっと白髪のない髪でいられるのは魅力的です。

白髪がないことでグッと若く見られることは間違いありません。

染める方法は液タイプのものは液垂れしたりすることがあります。泡タイプは髪に密着するので染めにくい後ろ髪などが染めやすいですね。トリートメントタイプはお風呂で簡単に染められるのがいいです。

価格は普通の液タイプや泡タイプの白髪染めがお安いです。1か月に1回染めるとしても1,000円前後で購入できます。トリートメントタイプは週に2~3回くらい使って1か月に1本程度が普通なので、約3,000円くらいでしょうか。

価格的には高いような気がしますが、普通の白髪染めではどうしても髪が痛みがちなのでヘアケアのために別にトリートメントなどを使う必要性があります。

よりトリートメント効果の高いものを使おうとすればそれなりに金額になります。それを考えたらトリートメントタイプの出費は決して高いものではないですね。

染める手間ひまは、断然トリートメントタイプが一番いいです。お風呂でのシャンプーの後手にとって髪に塗って、10分程度放置した後洗い流すだけです。洋服や周りが汚れることもなく普通のトリートメントをしていると思ってOKなんです。

一番は髪にダメージを与えないことではないでしょうか。ダメージを与えたくないなら断然トリートメントタイプの白髪染めです。天然成分だけで作られている白髪染めトリートメントがオススメです。

でもどれでもいいかと言ったらそうではなく、当然、価格や自分に合っているかなどをチェックする必要はあります。お試し価格などがある商品もあるので調べていろいろ試してみるといいですね。

白髪染めを選ぶなら白髪を染めながらエイジングケアもできるものがおすすめ

siraga24_1白髪染めを選ぶ時はどんなポイントに注意していますか?白髪染めは長期的に使用するものなので髪へダメージを与える成分を含んでいるものは避けるべきでしょう。

白髪染めはエイジングケアの1つと考えていた方がいいですね。なので単に白髪を染めるということだけではないんです。

年齢を重ねると白髪が増えるだけでなく髪質も悪くなってきます。なので髪を傷めない白髪染めを選ぶことが大切なんです。

z1白髪染めの選び方

  • 髪を傷めない
  • 刺激臭がない
  • 肌が弱い人でも使える
  • 手軽に染められる

髪を傷めないというのは大前提です。刺激臭がないということは有毒な化学成分が入っていないということにもなります。配合されている成分が植物性などの天然成分であれば白髪染めによるかぶれなどアレルギー症状もより少なくなります。アトピーなどで肌が弱い人でも使えるものを選ぶとよいでしょう。

白髪染めがとにかく面倒という人は多いですね。液剤がついたりするととれないので、ケープを用意したり新聞紙を敷いたり、汚れてもいいタオルを準備したりといろいろと事前準備が大変です。

なので月1回の白髪染めさえ面倒でたまりません。その点トリートメントタイプの白髪染めならお風呂でシャンプーのあといつものトリートメント感覚で使えるのでとっても便利です。また直接手にとって染めることもできます。

siraga22手についても石鹸できれいに洗い流せます。シャンプー後に髪にぬって10分程度おくだけです。

ぬった後に体などを洗ったりしていれば10分なんてすぐに経ってしまいます。

週に2~3回使えば年中きれいな白髪のない髪でいられるのもうれしいですよね。

トリートメント効果が高いので普段のトリートメントの代用として毎日使いたいという人もいるでしょう。成分が天然成分だけを使っているのを選べば毎日使っても全然支障はありません。

ちょっとお高いトリートメントを使っている人などはもう購入する必要もなくなるのでコスパ的にもうれしいことですね。エイジングケアにもなって経済的にも安く、髪にも優しく、ツヤ髪になるなら白髪染めトリートメントですね。

白髪染めするときのちょっとしたコツで仕上がりが違う

アラフォーまたはアラフィフになったらあまり気が進まないけどやらなくちゃいけないものに白髪染めがあります。白髪のない人にとっては1か月か2か月に1回くらい全然面倒じゃないんじゃない?って思うかもしれません。
siraga23
でもいざ自分がその立場になると、これがどうしようもなく面倒ストレスの1つにもなります。自分でするのが面倒なら美容院で染めてもらえばいいじゃない?という人もいます。

ドラッグストアで購入して自分で染める白髪染めは大体1000円前後で買えます。でも美容院となるとそうはいきません。5000円以上は覚悟しておかなければいけません。

毎月5000円の出費。それも根元にキラっと光る少しの白髪のためにはちょっと痛い額ではないでしょうか。美容院で染めるとさすがにプロなので自分で染めるよりきれいにそして痛みにくい感じです。

自分で染める時にもっと上手に染められればいいわけですよね。実はちょっとしたコツで自宅でもキレイに染められます。

 ondo2白髪染めするときのコツ
・染める場所の温度
・シャンプー
・色持ちさせるコツ

z9染める場所の温度
白髪染めは寒い場所では染まりがあまりよくありません20℃以上ある場所で染めるのをおすすめします。染まりやすい場所であればそれだけ置き時間が短くなって髪が傷みにくくなります。液剤とつけたあと、ラップでおおってシャワーキャップなどをかぶるとより効果的です。

z9シャンプー
シリコン入りのシャンプーは避けた方がいいです。シリコンはきれいに流していてもどうしても毛の表面をコーティングします。でも全部のシリコン入りのシャンプーがダメというわけではありません。残りやすいシリコンが入っていないものを選んで使うといいですね。

z9色持ちさせるコツ
白髪染めをするとどうしてもキューティクルを開いてしまいます。開いたままでいるとそこから色がどんどんと抜け落ちていきます。ヘアパックやトリートメントなどでキューティクルを閉じた状態に近づけるようにしましょう。

それほど難しいことではありませんね。白髪染めはどうしても髪を傷めがちなのでアフターケアはきちんとしましょう。
白髪はなくても髪がバサバサしてたりしたらせっかくがんばってした白髪染めがもったいないですね。