白髪染めのあのツンとする匂いの元はなに?

白髪染めをしてキライなことの1つにあの独特な匂いがあります。特有のツンとする刺激臭が好きという人はいませんね。白髪染めをした後数日間は匂いがとれません
nioi2
あの匂いの元って何でしょうか。

  • 酸化染料
  • アルカリ剤
  • 過酸化水素

この中の過酸化水素というのは簡単い言えばオキシドールです。怪我をした時に消毒に使って泡がジュワジュワ出て痛い思いをしたことはあるでしょう。まさにあれが白髪染めに入っていて匂いの原因になっているんです。

つまりオキシドールを髪や頭皮に塗っているんです。そう考えるとちょっといえ、かなり怖いと思いませんか?

白髪染めの商品のパッケージに「ローズの香り」などと書かれているのがあります。でも実際使ってみるとやっぱりあのツンとしたキツイ匂いなんですよね。

大人でもウっとくる匂いなので、子供がいる場合はできるだけ匂いを嗅がないように学校に行っている間に染めるという人もいます。もっと小さな子供さんがいる場合は、なかなか難しいですね。

あのイヤな匂いがない白髪染めがあるなら使ってみたいと思いませんか?それなら白髪染めトリートメントです。成分も海藻天然成分を使っているものが多いので、匂いに関しては全くと言っていいほどありません。なのでお子さんと一緒にお風呂に入った時に使っても安全ということですね。

shawer使い方も簡単で、シャンプー後に直接手にとって髪に塗ります。塗った後に10分ほどおきますが、この置き時間に子供さんの髪や体を洗ってあげればいいわけですね。

この時、シャワーキャップなどをかぶるとより染まりが良くなります。しっかり染まるからと言って成分が体に蓄積するようなことはありません。

白髪染めトリートメントはマニキュアタイプなので、髪の表面に定着します。普通の白髪染めは染まりをよくしようとして置き時間を長くしてしまって、とんでもなく髪が傷んでしまったなどという話をよく聞きます。それはそうですよね!オキシドールをずっとつけているわけですから。

一方白髪染めトリートメントはトリートメント成分もたっぷり入っているので、置き時間が長くなっても痛むことはありません。むしろ髪にとってはよいことなんですね。

何かとリスクの大きい白髪染めを使うより白髪染めトリートメントの方が断然いいというのがわかりますね。

コメントを残す