洗いながら染める白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントはどっちがいい?

自宅で頭皮を傷めずに白髪染めしたいと思ったら、迷うのが、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントです。

効果にあまり違いはなさそうだけど、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントは、染色力やコスト、手間などの面で大きな違いがあります。

それを知ったうえで、メリットの大きい方を選ぶといいですね。

 白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違い

  • 洗いながら染める白髪染めシャンプーのメリット・デメリットとは?
  • 白髪染めトリートメントのメリット・デメリットも比べてみよう!
  • 白髪染めシャンプーVS白髪染めトリートメント!選ぶならどっち?

洗いながら染める白髪染めシャンプーのメリット・デメリットとは?

白髪染めシャンプーは、ヘアマニュキュア成分が配合されている特別なシャンプーです。

特に、利尻ヘアカラーシャンプーは天然由来の昆布エキスなど、髪の毛を保護してくれる成分が多く配合されています。

髪を洗いながら髪の補修もしてくれ、仕上がりに髪の傷みを感じない、しっとりとした洗い上がりになります。

 白髪染めシャンプーのメリット

  • 放置時間がないので手軽に白髪染め出来る
  • 白髪染め特有の刺激臭がしない
  • さっぱりとした洗い上がり
  • コストは1日83円~116円

普段のシャンプーに置き換えるだけで、洗いながら少しずつ髪の毛を染めていくことができます。

すぐに効果を実感できなくても、1週間~2週間ほど根気よく使い続けることで白髪が染まったという感じになります。

また、泡立てたシャンプーを毛の根元までしっかりとつけて、そのままさっと洗い流すだけなのでさっぱりとした洗い上がりなのも魅力です。

利尻ヘアカラーシャンプーは通常価格が3500円(初回限定2500円)でロングヘア―の女性でも1カ月ほど使用できます。

1日当たり3500円÷30日=116円(初回限定価格なら83円)のコストで白髪染めすることが出来ます。

 白髪染めシャンプーのデメリット

  • 染まるまでに1~2週間かかる
  • しっかり染まるというより薄く自然に染まる

白髪染めトリートメントのメリット・デメリットも比べてみよう!

白髪染めトリートメントは、白髪染めシャンプーと同じくヘアマニュキュア成分が配合されているトリートメントです。

特に頭皮アレルギーがあるとか抜け毛がひどいという状態でなければ、ルプルプヘアカラートリートメントが染まりやすく、色持ちもいいので、使ってみるといいでしょう。

ルプルプヘアカラートリートメントの口コミ

利尻ヘアカラートリートメントは、通常価格が1本3000円(初回限定2000円)で、1カ月から1カ月半ほど使うことが出来ます。

1日当たり65円~100円(初回限定価格なら45円~67円)のコストがかかります。

無添加無香料、無アルコールで、界面活性剤も極力抑えて刺激成分がほとんど入っていません。

頭皮が弱っている人やデリケートな人は白髪染めトリートメントから使ったほうがいいでしょう。

2-3回ほど連続して使うとしっかりと染まります。

一回でしっかり染めるには以下の方法を試すとしっかり染まります。
染まらない白髪染めトリートメントの対策

 白髪染めトリートメントのメリットは?

  • 傷んだ髪の毛を補修して、艶やまとまりがでる
  • コストは1日45円~100円
  • 1回染まったら1週間くらいは色持ちがする

白髪染めシャンプーよりも染まるまでの期間が短く、早い人なら1日で染まるし、2,3回続けて使えば、しっかり染まった感じになる人がほとんどです。

いったん白髪が染まったら、その後は数日~10日後に1回の使用に切り替えていけるので、とても楽です。

白髪染めトリートメントの成分が髪の毛を補修、保湿、保護してさらさらでまとまりのあるしっとりとした髪の毛を作ってくれます。

 白髪染めトリートメントのデメリットは?

  • 染料が爪の間に残りやすい
  • 10分~30分放置する時間が必要
  • 白髪染めシャンプーより時間がかかる

白髪染めシャンプーよりもドロッとした液体なので、爪の間に入りこむと洗い流すのが大変です。

気になる人は、使い捨ての手袋を使うようにしましょう。(ルプルプの初回購入には手袋がおまけで入っています)

シャンプー前やシャンプー後のタオルドライした髪の毛に塗布して10分~30分ほど放置してから、シャワーで洗い流します。

白髪染めシャンプーVS白髪染めトリートメント!選ぶならどっち?

 男女別におすすめの白髪染め

  • 男性・・・白髪染めシャンプー
  • 女性・・・白髪染めトリートメント

白髪染めシャンプー

  • 手間がかからない
  • 放置時間がなり
  • 定期的に白髪染めしなくていいい

白髪染めトリートメントをつけた後数十分間放置するのが面倒な人や、定期的に白髪染めトリートメントで染色するのが嫌だと言う人は、手軽に使えるシャンプーで染めるのがいいでしょう。

男性ユーザーが多く使っているようで、手軽に使えるのが人気です。

普段からトリートメントをする習慣のない男性も、白髪染めシャンプーの方が生活スタイルに合っていると言えますね。

白髪染めトリートメント

  • 色もちがいい
  • 髪の毛がつやつやしっとりになる
  • コストが安い

白髪染めしつつ髪の毛をつやつやしっとりとまとめてくれる白髪染めトリートメントは、髪の毛に気を使う女性におすすめです。

色持ちもいいので、やはり女性はしっかり染めたい意識の人が多いので、こちらを選ぶのが無難です。

シャンプーよりも1日当たりのコストが安いので、ロングヘア―の女性は使いやすいですね。

 白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの合わせ技って?
 1週間から10日に1回は白髪染めトリートメントを使って、普段は白髪染めシャンプーを使うことで常に染めた部分が色落ちしないで保てる

両方使うのが確実ですが、どちらか一方に絞りたいという人は、白髪染めトリートメントのほうが沢山の種類が各メーカーから出ているので、選びやすいし、使いやすいでしょう。

染め置き時間が大きなポイントになるため、忙しい男性が白髪染めシャンプーを選んでいるという背景も納得できますね!


2016年5月31日 洗いながら染める白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントはどっちがいい? はコメントを受け付けていません。 白髪染め豆辞典