ノンジアミンの白髪染めトリートメント!無添加でもアレルギーを起こす原因は?

ジアミンが入っていないノンジアミンの白髪染めトリートメントは、アレルギーを心配する人や成分にこだわる人から人気を集めていますよね。安全性の高い白髪染めトリートメントですが、それでもアレルギーを発症することはあるのです。

体に配慮して無添加を選んでいるにもかかわらずアレルギーが発症してしまう理由をご紹介します。

ノンジアミンは安全ではない?

ヘアカラー剤のアレルギーといえば、ジアミンが原因になることが多いといわれています。そのため、ジアミンが配合されていないノンジアミンのものなら安全でアレルギーは出ないと考えがちですよね。

でも、ヘアカラー剤でアレルギーの心配がある成分は、ジアミンだけではないのです。

アレルギーになる白髪染めの成分例えば白髪染めトリートメントに配合されている成分でも、塩基性染料やHC染料は、まれにアレルギーを引き起こすことがありますし、どんなものでも絶対にアレルギーが出ないという確証はないのです。

無添加でもアレルギーを起こすことがある

無添加と聞くと、なんとなく体に良さそうな原料にこだわった製品のようなイメージがありますよね。

もともと肌が弱い人やアレルギー体質の人だと、普段から何か買う時は無添加のものを選ぶように心がけている人も多いのではないでしょうか。

しかし、無添加とひとことで言っても、それが「完全に安全」と、捉えることができない場合もあります。

無添加の利尻昆布ヘアカラー

無添加とは「添加していません」という意味ですが、それが「何を」添加していないのかを知る必要があるのです。

アレルギー物質というのは人それぞれに違いがあるため、たとえ無添加の製品でも自分自身のアレルギー物質が入っていれば、それに反応して症状が引き起こされることはあります。

「無添加なのにアレルギーが出てる…」と感じた時は、配合されている成分のどれかに反応していると考えられますから、成分表示をチェックしてみるようにしましょう。

利尻昆布ヘアカラーの成分は無添加?!

自分の体質をよく知ろう

アレルギーの原因は人それぞれで、白髪染めトリートメントの塩基性染料やHC染料で症状が引き起こされる人もいれば、天然色素の草花や、保湿成分の海藻などに反応してしまう人もいます。

siraga46白髪染めトリートメントでアレルギーが起きた時は、配合されている全ての成分の中からアレルギーの心配がありそうなものをリストアップしましょう。

もしも症状がひどい場合は、皮膚科を受診すればアレルギー検査でアレルゲンを特定してもらえますよ。

アレルギーを起こさないために、無添加の白髪染めトリートメントを選ぶポイント

 白髪染めトリートメントを選ぶポイント

  • 成分を細かく調べる
  • 信頼できる製品を選ぶ
  • 自分自身のアレルギー物質を知る

 成分を細かく調べる

無添加と書いてあっても「何が」無添加なのか、自分にとってのアレルギー原因物質が入っていないのかをきちんと調べて確認しましょう。

 信頼できる製品を選ぶ

ネットで販売されている商品の中には、完全無添加と書かれていてもそうじゃなかったり、実際にはアレルギーを起こす可能性のある成分を使っていながら、「アトピーでも使えます」などと過剰な表記をしているものもあります。

白髪染めトリートメントを購入する時には必ず成分をチェックするとともに、口コミサイトなどのレビューを参考にして、かゆみやかぶれなどのアレルギーを起こした人がいないかも調べておくようにしましょう。

 自分自身のアレルギー物質を知る

自分が何に対してアレルギーが起きるのかを知ることは、これからの発症を抑えるとともに、重症化をふせぐことにもなります。アレルギーは起こる頻度が多いほど症状が重くなっていく傾向があるので、軽く考えずに皮膚科などに相談してみましょう。

ヘアカラー成分でアレルギーの心配があるのはジアミンが有名ですから、ノンジアミンの白髪染めトリートメントはすごく安全性が高いように感じますよね。でも、たとえジアミンが入っていなくても心配な成分はたくさんあります

また、無添加のものであっても自分のアレルギー反応が絶対に出ないとはかぎりません。どの白髪染めトリートメントでもアレルギーの心配が0ではないので、使い始める時はパッチテストをして、アレルギーが出ないかどうか確かめるようにして下さいね。