白髪染めは育毛剤との併用でダメージが少なくなる

siraga8
白髪染めは平均35歳くらいから始める人が多いですね。

初めのうちは本数もそれほどないので数か月に一度くらいの頻度で大丈夫です。でも年齢を重ねていくたびにどんどんと増えていくので染める頻度が増えていきます。

白髪がいつもないような感じでいたいなら3週間に1度染めるのがベストですが、さすがにそれは無理ですね。

頻繁に染められない理由は以下のようなことではないでしょうか。

・面倒
・費用がかかる
・髪が痛む

染める頻度は人それぞれですが、平均的には1か月半~2か月が多いです。日本人の髪が伸びる速度は、標準1日0.3~0.4mmで3日で約1mm、1ヶ月で1cmです。

なので1か月半の時点で、白髪も1.5cm伸びていることになります。かなり生え際や根元がキラキラした状態ですよね。この時期辺りから白髪が気になりだし、2か月経つころには限界を感じてしまうのではないでしょうか。

染めるのもかなり面倒な作業だし、費用のことも考えたら仕方ないのかも知れません。でも何より頻繁に染めるというのは髪が痛むというのが一番気になることではないでしょうか。

白髪染めは確実に髪や頭皮にダメージを与えています。なので頻繁に染めれば染めるほど髪が弱っていくと思っていていいでしょう。

染めたあとトリートメントなどでヘアケアするのもいいですが、育毛剤を併用するのをおすすめします。頭皮殺菌効果のある育毛剤を使うといいですね。育毛剤は白髪染めで痛んだ頭皮を保護してくれます。

より頭皮や髪にダメージを与えないで白髪を染めたいならトリートメントタイプの白髪染めを使うといいです。育毛剤との併用でより保湿効果やミネラルの補給効果が期待できます。

髪や頭皮が健康であればボリュームがあってハリやコシのある髪になって若さを保つことができますね。白髪染めトリートメントもいろんなメーカーから発売されています。メーカーも日々研究をしていて新しい商品は確実に良いものになってきています。

白髪染めはずっと使い続けるものなので、自分に合ったものを見つけることが大切ですね。

コメントを残す