分け目や生え際の白髪が染まらない!染めムラや白髪隠しが一瞬でOK

白髪が目立ち始めたら、ついヘアカラーで白髪染めしたくなりませんか?

染め上がりが美しく、効果が長持ちします。

値段も比較的安く手軽なので、魅力的ですが強い薬液を使用するので頭皮にはよくありません。

頭皮を傷めずに白髪染め出来る「白髪用ヘアカラートリートメント」は、沢山のメーカーから発売されています。

 白髪用ヘアカラートリートメントのデメリット

  • 染まりが悪いものがある
  • なかなか色が入らない
  • 部分的に白髪が目立ってしまう
  • 染めムラが出来てしまう

生え際や分け目の白髪や、染めムラに困った時は、スティックタイプの白髪隠しを1本持っておくととっても便利ですね。

 便利に使える白髪隠し

  1. 生え際の白髪隠しに最適!?白髪隠しは髪の毛のお化粧?
  2. 利尻昆布の白髪かくしは自然に染めることもできる!

生え際の白髪隠しに最適!?白髪隠しは髪の毛のお化粧?

ヘアカラートリートメントは、髪の毛を染めた後は1週間~10日程度、染め持ちの効果が続きます。

しかし市販のヘアカラーと違って、染めムラが起こしやすいです。

特に白髪が集中して生えている部分に限って、うまく色が入らず何度かやっても白髪が染まらない、なんてことはよくあります。

スティックタイプの白髪隠しはすぐに色落ちしてしまいますが、毎朝、お化粧するときについでに使えるので便利です。

白髪を隠すだけのものなので、基本的には夜にシャンプーをすれば色が落ちます

あくまでも一時的に白髪を目立たなくするだけ、顔を洗えば落ちてしまう、女性のお化粧と同じですね。

 白髪隠しのメリット

  • 手軽に白髪を目立たないようにできる
  • 持っているだけで安心感がある
  • いつでもサッと塗って白髪を隠せる

手軽に白髪を目立たないようにできる
白髪染めトリートメントを使っている人なら、誰でも染め残しや染めムラがあるので、持っているのと持っていないのではだいぶ違います

もし、持っていない場合は、1週間に1回だけ白髪染めトリートメントをするのに、かなり気合が入ってしまい、それでも染め残しがあったら、かなりショックが残ります。

持っているだけで安心感がある
どうせ白髪かくしがあるのだから、多少は染め残しがあっても大丈夫、と思えるだけでも安心感があり、だいぶ違います。

いつでもサッと塗って白髪を隠せる
お出かけ前の数分で染められるので、毎日の化粧をする鏡台の前においておくといいですね。

外出先でもサッと塗れるので、バッグにも1本忍ばせておくとピンチにも強い味方です。

 白髪隠しの種類

  • スティックタイプ
  • ファンデーションタイプ
  • スプレータイプ

生え際の白髪隠しや一部の染めムラをカバーするだけなら、染めやすく持ち運びにも便利なスティックタイプの白髪隠しがいいでしょう。

利尻昆布の白髪かくしは自然に染めることもできる!

白髪染めは基本的には白髪を隠すだけの役割ですが、利尻昆布の白髪かくしには、他の白髪隠しにはないメリットがあります。

 利尻昆布の白髪かくしのメリット

  • ヘアマニュキュア成分が配合されている
  • 繰り返し使うことでだんだん白髪が染まっていく
  • 「利尻ヘアカラートリートメント」と同じ会社が販売
  • 昆布エキスや天然植物成分が配合されている
  • 髪の毛を保護しながら白髪を隠すことができる

塗るたびに少しずつ髪の毛が染まっていくので、10回ほど使用すると白髪が目立たなくなってきます

白髪を隠しつつ白髪染めもしてくれる一石二鳥の役割になるので、うれしいですね。

しかし、塗りすぎると髪以外にも色が付着するので、少量ずつ使うのがいいですね。

多く塗りすぎて頭皮についてしまうと、頭皮まで黒くなってしまい、髪を洗うまで落ちないので、ちょっと見た目があまりよくありません。

塗るコツもありますので、上手に使いこなしましょう。