白髪染めのアレルギーはジアミンだけじゃない!

白髪染めをしてアレルギー症状が出たり、かぶれなどが起こるのはほとんどの場合がジアミンアレルギーです。

ジアミンアレルギーを起こした人の多くは、以後ジアミン系の染料が入っていてる白髪染めを使うことはできません。でも白髪は日々生えてくるしそのままというわけにはいかないので、ジアミンアレルギー反応が出た人が白髪染めをする時に使えるのはどんなものがあるのでしょうか。

WS000025

ヘナ天然のヘアカラーヘアカラートリートメント天然成分で作られているものが多く安全・無添加などが人気の白髪染めですね。ジアミンが入っていないタイプのものであれば、ジアミンによるアレルギーは起こりません。

siraga29でも安心・安全といわれているヘアカラートリートメントやヘナでさえ、アレルギー反応を起こす可能性がゼロということではありません。

ヘナは漆科の植物なので、植物アレルギーを起こす可能性があります。

またヘアカラートリートメントには、ジアミンは使われていませんが、低刺激といわれる化学染料が微量ながら入っています。

なので敏感な人であれば低刺激染料でもアレルギー反応を起こす可能性があります。

そんな小さなことまで気を使っていたら白髪染めなんて出来ないじゃない!!」と思うかもしれませんが、その通りなんです。つまりリスクがゼロの白髪染めはないということなんです。

リスクがゼロの白髪染めはないと思った上で、白髪染めをするときは必ずパッチテストをしましょう。ちょっとでも痒みや痛みなどの違和感があった場合は使用を中止してください。

早めの対処適切な対処が出来れていれば、重大なトラブルにはなりませんね。安全に白髪染めをするポイントは「これぐらい大丈夫!」という気持ちをもたないことですね。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください