白髪染めの購入ポイント!白髪染めに求めるものとは?

osusume何がものを購入するときに「おすすめ」や「売れ行きNO.1」などと書いてあったらつい手がいってしまいますね。

白髪染めを選ぶときも同じという人は多いのはないでしょうか。

でもちょっと待ってください。髪質や髪や頭皮の状態は人それぞれですよね。スキンケアを選ぶ時は乾燥肌とか敏感肌とかで選んで使っているのに白髪染めだけ店長がおすすめしてるからとか、一番売れてるからとかで選んでもいいのでしょうか。

白髪染めも液タイプ泡タイプトリートメントタイプのように種類があります。白髪染めに求めるものとは何でしょうか。

  • 染まり具合
  • 色落ち
  • 染める方法
  • 価格
  • 染める手間ひま

染まり具合がよくて色持ちもいいのはやっぱり普通の白髪染めですね。一度染めた部分はほぼそのままの色のままです。でも新たに伸びる部分は当然白髪です。

トリートメントタイプのものは染まりにくいと言われていますが、そんなことはありません。初めて使う最初の1週間は毎日使います。色が落ち着いてきたら後は週に2~3回で大丈夫です。これでずっと白髪のない髪でいられるのは魅力的です。

白髪がないことでグッと若く見られることは間違いありません。

染める方法は液タイプのものは液垂れしたりすることがあります。泡タイプは髪に密着するので染めにくい後ろ髪などが染めやすいですね。トリートメントタイプはお風呂で簡単に染められるのがいいです。

価格は普通の液タイプや泡タイプの白髪染めがお安いです。1か月に1回染めるとしても1,000円前後で購入できます。トリートメントタイプは週に2~3回くらい使って1か月に1本程度が普通なので、約3,000円くらいでしょうか。

価格的には高いような気がしますが、普通の白髪染めではどうしても髪が痛みがちなのでヘアケアのために別にトリートメントなどを使う必要性があります。

よりトリートメント効果の高いものを使おうとすればそれなりに金額になります。それを考えたらトリートメントタイプの出費は決して高いものではないですね。

染める手間ひまは、断然トリートメントタイプが一番いいです。お風呂でのシャンプーの後手にとって髪に塗って、10分程度放置した後洗い流すだけです。洋服や周りが汚れることもなく普通のトリートメントをしていると思ってOKなんです。

一番は髪にダメージを与えないことではないでしょうか。ダメージを与えたくないなら断然トリートメントタイプの白髪染めです。天然成分だけで作られている白髪染めトリートメントがオススメです。

でもどれでもいいかと言ったらそうではなく、当然、価格や自分に合っているかなどをチェックする必要はあります。お試し価格などがある商品もあるので調べていろいろ試してみるといいですね。

コメントを残す