白髪に市販のヘアカラー使い続けるとハゲになる?

白髪染めは、美容院のカラーや市販のヘアカラーを使うのが一般的です。

美容院は料金が高いので、市販の安いヘアカラーを使って、自分で白髪染めをしている人が結構います。

市販のヘアカラーを使って白髪染めを続けていると、頭皮へのダメージが蓄積されて、抜け毛が多くなり、いつしか、ハゲができてしまうこともあります。

 ヘアカラーでハゲてしまう理由と髪や頭皮に優しい白髪染め

  • 白髪にヘアカラーは危険!市販のヘアカラーは刺激が強くてハゲちゃうって本当?
  • 美容院でヘアカラーすれば安心?市販のものよりはマシ…程度って本当??
  • ハゲない白髪染めを選ぼう!ヘアカラートリートメントで髪と頭皮を保護すべし!

白髪にヘアカラーは危険!市販のヘアカラーは刺激が強くてハゲちゃうって本当?

白髪染めでよく使われるのが2剤式のヘアカラーです。

 2剤式のヘアカラーのメカニズム

  • 1剤・・・髪の毛のキューティクルを開く
  • 2剤・・・髪の毛のメラニン色素を脱色して染料を髪の毛の奥深くまで入れていく
 2剤式のヘアカラーのメリットとデメリット
メリット

  • 髪の毛が美しく染まる
  • 効果が長持ちする(2~3ヵ月ほど)

デメリット

  • 髪の毛や頭皮へのダメージが大きい
  • 抜け毛や薄毛(ハゲ)を進行させる要因になる
  • 抜け毛や薄毛(ハゲ)を進行させる

1剤に含まれるジアミン系染料という発色をよくする成分は、アレルギーを引き起こしたり、がんを誘発する可能性(発がん物質)が指摘されている、人体に有害な物質です。

ジアミン系染料は、頭皮から吸収されてもなかなか外に排出されません

繰り返し使うことで少しずつ体の中に蓄積されるという特徴があり、欧米ではすでに使用が禁止されているほどなのです。

美容院でヘアカラーすれば安心?市販のものよりはマシ…程度って本当??

市販のヘアカラーは頭皮を痛めてしまいますが、美容院で白髪染めのカラーするのはどうでしょうか?

 美容院での髪の毛が痛まない工夫

  • トリートメントを併用する
  • 薬液の強さを根元と毛先で変える

美容院のヘアカラーに使用している薬液は、実は市販のものとあまり変わりません

ジアミン系染料が入った薬液を使用している場合は、頭皮への負担は大きくなってしまうんですね。

市販のヘアカラーよりも頭皮へのダメージは少なくなりますが、美容院でヘアカラーしたからと言ってダメージがなくなるというわけではありません

ハゲない白髪染めを選ぼう!ヘアカラートリートメントで髪と頭皮を保護すべし!

美容院でも市販のヘアカラーでも頭皮が痛むなら、どうやって白髪染めをすればいいのでしょうか?

 髪や頭皮を守りつつ、白髪染めをしたいという人におすすめなのは?
 ヘアカラートリートメントです。
 ヘアカラートリートメントのメリット

  • シャンプーの前後に塗布するだけで、髪の毛の表面だけ染めれる
  • 1週間~10日ほど色持ちする
  • 髪や頭皮を痛めず白髪染めできる

多くのヘアカラートリートメントは髪の毛や頭皮を保湿する成分が配合されていたり、オーガニックの材料だけを使用していたりと髪の毛や頭皮に優しい場合がほとんどです。

ヘアカラーによる髪や頭皮の痛みが心配、と言う人はヘアカラートリートメントに切り替えるのがおすすめです。

年齢と共に髪の毛や頭皮は弱ってくるので、そんな髪の毛に強い薬剤を使うのは怖いですよね。

ジアミン系染料を使った2剤式のヘアカラーは、アレルギーや癌を誘発したり、頭皮を痛めてハゲを進行する可能性があります。

5年後、10年後の薄毛やハゲに悩まされないためにも、今からヘアカラートリートメントで頭皮を守りながら白髪染めするようにしましょう。