アレルギー体質でも使える白髪染めってある?

40代くらいからやりたくないけどしなくちゃいけないものの1つに白髪染めがあります。若白髪などで早い人は30代でも白髪染めしている人がいます。50代になるとしてない人の方が珍しいですよね。
111369
そんな白髪染めをした時に以下のような症状が出たことはありませんか。

  • 頭皮が痛い
  • ピリピリやチクチクする
  • 赤くなってかぶれた
  • 湿疹ができた
  • かゆみがでた
  • 顔が腫れた など

顔が腫れたりしたらコレはヤバイと思ってやめるかもしれませんが、ちょっとピリピリくらいは当たり前と思ってやめる人は少ないですね。

でもこのピリピリやチクチクも良くないのです。これらの症状は白髪染めに入っている化学物質(主にジアミン)に対するアレルギー反応なんです。

自分はアトピーでもなく、花粉症でもないからアレルギーじゃないなんて思っていたら大間違いです。アレルギー反応が一度出ると一生消えることはないのです。

なのでアレルギー反応が出た人はジアミン系の薬剤が入っている白髪染めは使わない方がいいですね。ちょっとかゆいだけだから大丈夫と使い続けると、症状が悪化して命にかかわるような重症になることもあります。そうなってからではもう遅いのです。

ではアレルギー反応が出てしてしまった人はもう白髪染めはできないかというとそういうわけではありません。

  • 白髪染めトリートメント
  • ヘナ
  • ヘアマニキュア

 
これらは使うことができます。でもヘナは染めるのに時間がかかったり手間が大変だったりして誰でもが上手に染められるというほどお手軽ではありません。ヘアマニキュアはどうしても白髪を染めるには染まりにくいので向いていないです。

一方白髪染めトリートメントは白髪も染まってトリートメント効果もあって、シャンプーのついでに使えるというお手軽さで便利に使えます。面倒な身支度や用意もなく、普段のトリートメントを使うのを白髪染めトリートメントに変えるだけでOKなんです。白髪染め特有のきつい臭いやバサバサ感もなく、地肌についても安全な天然成分を使っています。

白髪染めは長いつきあいのなくてはならないお友達なので、体にも髪にも肌にもやさしい白髪染めトリートメントがいいですね。

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.