美容院の毛染めやカラーリング(染毛剤)の危険性知ってる?

年齢とともに髪だけでなく頭皮も気になりますね。
歳だからとあきらめないで日ごろからのケアが大切です。

髪や頭皮が痛む原因とは?

1.アイロンやコテを頻繁に使う。
2.髪を乾かさずそのまま。
3.気持ちいいからとゴシゴシ強く洗う。
4.UV対策をしない。
5.やたらいろんなヘアケア商品を使う。

おしゃれで巻き髪をする場合、長い時間コテをあてるのはNGです。

ヘアスタイルを保つためにスプレーやワックスなどをつけ過ぎるのもNGです。頭皮や毛穴に詰まってしまうことがあります。

毛穴に詰まるだけでなく皮膚に浸透することも多々あります。それが皮膚トラブルの原因にもなります。・・・

では、もっと強い成分が使われているヘアカラーの場合はどうなのでしょうか?

ヘアカラー(毛染め剤)は怖い

髪の色を変えるヘアカラーの行程は2つ。まず髪のメラニン色素に働きかけ色を抜きます。それから染毛剤で色を入れます。
別になんてことなさそうな行程ですが、色を抜いたり色を入れたりするのに使う薬品が想像以上に強い毒性があります。

ヘアカラー(毛染め剤)で一番危ない成分はなに?

酸化染料(パラフェニレンジアミン0.5~から24%)
カップラー(その他のジアミンなど25%)
アンモニア液(4~8%)
非イオン界面活性剤(20~30%)
溶剤(プロピレングリコールやイソプロピルアルコール5~10%)
過酸化水素水(5~6%)

これらは箱の裏あたりにある成分表をみると普通に書かれています。
でもすべて怖い成分なんです。
これらがヘアカラーすることで皮膚から吸収されて体にたまってしまいます。

見た目は綺麗になっても体はどんどん汚れていくということなんですね。

でもみんなやってるから大丈夫でしょ?なんて軽い気持ちでいると大変ですよ。

薬剤が与える体への影響は?

薬剤が皮膚から吸収されて蓄積すると言っても全部がたまるわけではありません。血液に入っても体を循環していきます。
でも少しでも入ってこない方がいいに決まってますよね。

毒性が強い代表はジアミン系の成分

例えば、パレフェニレンジアミンやパラアミノフェノールなどです。

・アレルギーを起こしやすい。
・ヒリヒリする湿疹や皮膚炎など。
・目に入ると最悪失明の恐れあり。

たった1年ヘアカラーしただけなのに水晶体の異常があるということがあります。それも89%もの人に・・・また白内障の異常も23%に人に見られるという怖いデータもあります。

過酸化水素水(オキシドール)は怖い

昔、お金のない学生が金髪や茶髪にするためにオキシドールを使っていたことがあります。でもこのオキシドールとっても強い毒性があるんです。
間違って口から入ったりすると、十二指腸潰瘍、発ガンなど怖い病気になる可能性があるほどです。

使ったことがある人はわかりますが、直接肌につくと刺激が強いのがわかります。弱い粘膜に触れると火傷をすることもあります。

何気なく気軽にドラッグストアで購入しているヘアカラーにはこの怖い成分が普通に入っています。危ない成分だから注意書きに、手袋をしてくださいとか目に入らないようになど表記されているんですね。

刺激が強いだけでなく、長い時間髪に触れていると髪が溶けてしまうことがあります。当然頭皮にもダメージがあります。

こんな怖い成分の入ったヘアカラーを頻繁にすると、髪がパサパサしたり、切れたりとダメージが大きいのはわかりますよね?

いろいろ知ってしまうと白髪染めをやめたくなりますね。

でもやめられないのが白髪染めなので、頭皮や髪のことを考えたらやっぱり体に優しいヘアカラートリートメントを使うのがよさそうですね。

白髪染めのヘアカラートリートメントはいろんな種類がでているので、口コミなどで評判の良いものを選ぶといいですね。

ヘアカラートリートメントは色持ちが悪いから、1週間に1回の白髪染めが面倒という人はせめてラサーナヘアカラーを使いましょう。

コメントを残す